大分で19歳の男性が集団暴行死

大分で19歳の男性が中学生などの集団暴行されて亡くなってしまったそうですね。
集団暴行って、『みんなでやれば怖くない』っていう心理が働いてしまい、
歯止めがきかないって言いますよね。

しかも暴行の理由が「付き合いが悪くなった」なんて・・・。
あまりにもひどいと思いました。

そんなことで殺されていたら、この世の社会人なんかは、
ほとんどの人が、殺される可能性があるのでは?

私も普段、仕事が大変で、よく友達の誘いを断ってしまう時があります。
でも、それはやっぱり普段仕事で疲れていて、
お休みの時くらいはゆっくりしたいとかありますからね。

一人でゆっくりする時間も欲しいですし。
そういう時間も削って仲間と合わせなくては殺されてしまうなんて、
本当に亡くなった方が気の毒に思います。

友達だからこそ、そういう部分は、
気遣っても良いんじゃないのかな・・・と私は思ったりします。

自分と遊べなくなったことに、
腹を立てて暴行なんて、本当の友達ではないと思います。
友達に殺されるなんて、本当に悲しい事件です。

少年犯罪は更生を重視しすぎで、刑が軽すぎるのが本当に不満です。
少年犯罪が増えているのですから、
もっと厳罰化や実名報道が合っても良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す