ハノーファーの酒井が言葉の壁で苦戦

ハノーファーへ移籍した酒井に、独紙がコミュニケーション不足と
語学力のなさを指摘しているようですね。

でも、酒井ってコミュニケーション能力低そうだな~っていうのは、
わかりますよね(^_^;)

いっつも五輪でも大津にべったりって感じ。

大津がいないと何もできなそうですし、周りの環境によって
活躍できる時と出来ない時の差が激しすぎるのは、やはりチームメイトとの
相性の良し悪しっていうのがかなり影響している気がします。

仲良しグループでやる時には上手だけど、あんまり仲良くない所でプレーをすると、
自分の良さが発揮できないタイプなのかなと思いました。

海外でプレーをするには、語学力もコミュニケーション能力も必要ですからね。
チームメイトに、チキンが良いか、ビーフが良いのかとか、
そんな簡単な質問をされても答えられないようでは、どうしようもないですね(-.-)

チームメイトも、それくらいの会話が出来ないようだと、
悩んでしまうんだろうな~と思います。

今はドイツに行く選手が多いですが、語学が出来るか、
コミュニケーション能力があるか、
どっちかないとやっていけないんだろうな~と思います。

宇佐美も同じような理由で、ベンチにされていたこともあったので、
頭の良さも海外挑戦では必須ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す